塾の役割

塾が果たす役割は何処にあるのでしょうか?学校で教わるだけでは、駄目なのでしょうか? 塾と言えば学習塾ですが、子供たちが言う塾は、習い事は塾なのです。 ピアノや水泳、英語なども塾になります。英語は義務教育で教える様になるので、数学や理科などと同じ考え方の塾になります。

塾に通う目的は何処にあるかを、しっかりと理解した上で通うのがいいのですが、 小学生では、受験を考えて通う子は少ないし、中学受験を考えて通う塾であれば、それに特化した塾を選ぶべきです。 ピアノや水泳は上手になると言った目標があります。 塾に通う目的がはっきりしないと、塾での効果が現れません。 塾側としては、学校で理解できなかった部分を、塾で学び直して、しっかりと理解できる様になって欲しいのです。

塾は、強制して勉強をさせる場所ではありません。わざわざ、お金をかけて学びに行くのです。学校は個人個人のレベルに合わせて、授業をしてはくれません。 ある一定の速度で教えて、理解できない人は、おいて行かれてしまいます。塾ではその理解できなかった部分を、理解できるように教えてもらえるのです。 塾の役割は、理解できない子を、理解できるようにする事です。今は個人指導が主流になっていて、少人数のクラスで教える事が重要になっているのです。

Copyright © 2016 塾の歴史。